上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 犬の行動の中に、「カーミングシグナル」と呼ばれるものがあります。 
カーミングシグナルとは犬のボディランゲージのこと。

【カーミングシグナル】
calm down = 鎮める 落ち着かせる 
から呼ばるようになったようです。
ストレスや不安を感じたとき、また自分を落ち着かせようとするときなどに
カーミングシグナルを出します。
不安、恐怖心、不快な刺激や犬や人からの威嚇などを和らげる時にも用います。
つまり、他の犬や人間と友好的に接するための手段です。

例えば、「鼻、口の周りをなめる」と言うのはよくに知られていて、
”他の犬に対してこのシグナルを使う時は、緊張をほぐそうとする行動で
相手に対し敵意がない事を表現しています。”と一般的に言われています。
他にも色々なパターンがあります。

しかし、このようなシグナルだけを切り取って「今、この子はこう思っている。」と
決めつけるのは早計で、そのシグナルを出した時の前後の様子や筋肉の緊張など
全体を見て判断する必要があると学ぶ。
確かに、色々なパターンを見ていくと、同じようなシグナルが別の意味を示していることがあり
なるほど!と感心してしまいます。

愛犬の気持ちが知りたい、どうしてこんな行動をとるのか解らないと思う時、
「カーミングシグナル」はひとつの指標になってくれると思います。
犬が出すボディランゲージは、微妙なもので見逃しがちですが、
そのシグナルを出す前後の様子や筋肉の緊張などの
全体を見逃さずに接することが出来るようになると、
さらに愛犬とのコミュニケーションが深まっていくことでしょう。


スポンサーサイト
2013.02.19 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。